• seikanyasunaga

メダリストの税金について

オリンピックでのメダリストの報奨金の税金について解説します。


JOC(公益財団法人日本オリンピック委員会)からメダリストへ支払われる報奨金は課税されません。


また、JOCに加盟している競技団体から支給される報奨金については、金メダルは500万円、銀は200万円、銅は100万円までが税金が発生しないこととなっています。


一般的に報奨金は所得税が課せられます。

メダリストが所属している企業から報奨金が支給された場合は給与所得、つまり給料と同じですので税金分が源泉徴収されます。

また、所属企業以外や自治体から報奨金が支給される場合は一時所得になりますので、通常はメダリストは所得税の確定申告が必要になります。