top of page
  • 執筆者の写真seikanyasunaga

月160時間残業で送検

月160時間残業で送検

過労死の恐れありと判断 津島労基署


愛知・津島労働基準監督署は、労働者3人に36協定で定めた限度時間を超える時間外労働を行わせたとして、大手印刷業者と同社名古屋センター長を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで名古屋地検に書類送検しました。

 

同社は月80時間を限度とする36協定を締結していましたが、昨年6月に月120~160時間の残業をさせた疑いが持たれています。

3人は印刷物の封入作業に従事していました。


同労基署によると、同社では長時間労働が常態化しており、同じ作業をしていた労働者約10人全員が、毎月45時間以上残業する状態が1年近く続いていました。

月100時間を超えるなど、とくに労働時間が長かった労働者・期間に絞り立件しました。


昨年7月に労働者の相談により違反が発覚しました。


過労死ラインを超える時間数であったことや、労働者の様子からみても、過労死につながりかねない危険な状況であったことから、行政指導は挟まずに送検となりました。


Comments


bottom of page